KJの1人で人生充実ブログ

No沢山の友達、No彼女、それでも人生を謳歌しているKJがお送りする、インドア系1人で生活を楽しむブログ。

無料のiBooks本 読書で「仕事が早い金持ち習慣 仕事が遅い貧乏習慣」

iBooks、それはApple社が提供している電子書籍のアプリ。アマゾンkindleと同じようなものです。

 

iPhoneiPadMacのパソコンでiBooksのアプリをダウンロードすれば、その中で本を購入したり読んだりできます。

 

昨晩読んだ本は「仕事が早い金持ち習慣 仕事が遅い貧乏習慣」という自己啓発本です。無料だったので購入してみました。中身は66ページだけですが、端的に書かれていること、他の有料の“金持ち習慣本”に書かれている内容に似ているのでオススメです。

 

f:id:KJkawa:20181012132041j:image

 

 

全部で4章に分かれていています。

1.日常生活

2.仕事の取り組み方

3.お金の使い方

4.目標の有無

 

 

1章では「仕事が早い人はコーヒーをカフェで」とありますが、私はあまり内容に共感しませんでした。確かにコンビニや缶コーヒーではリラックスできませんが、カフェでゆったりコーヒーを飲むと周りの音に気が散ってしまって仕事集中できません。

パソコンで仕事をしているとどうも周りの目が気になって、パソコンを覗かれてないかと不安になります。趣味の読書であれば落ち着いて読めるのですが、やはり仕事になるとカフェでの作業よりも職場や自宅が向いていると思いました。なおかつ、カフェだとコーヒー1杯の値段が缶コーヒー等に比べて高いので、毎日は難しいと思います。

 

荷物が多い仕事が遅い人」についても共感しません。むしろ財布、ハンカチ、携帯だけだと何かあった際に買い足さないといけなくなるかもしれません。例えば雨が降って傘を買うなど、出費が増えてしまうと思うので、カバンの中に色々必要以上に入れておいた方がいいと思います。

 

土日に休む仕事が早い金持ち」については共感します。休日はリラックスして次の出勤に向けて体力温存や趣味に費やした方が絶対良いです。仕事が好きな場合は仕事をしても良いと思います。職場で仕事に集中して、休日は自分のことに時間を使うという割り振りが大切だと思いました。

 

2章の「取り組み方」では全てに共感しました。メールなんて10分もあれば下書き、編集、確認して返信できます。それが「塾考してください」とあれば話は別ですが、大体のメールはすぐに返せると思います。相手もメールの返答を待っているので、後回しにすることは良くないと思います。

私にも経験があります。重要なメールを自社に出しましたが1週間も返答が来なかったので、痺れを切らして電話をしました。これが一回であれば“忙しいんだな”で目をつぶったのですが、2回3回と立て続けに起こったので、信用がなくなりました。

 

優先順位をつけること」も大切です。この本には「苦手だと思うことを先にやる」と書かれています。違う書籍では「午前の方がまだ脳が疲れていないので、まだ脳がクリアな状態で苦手なことをやった方が夕方やるよりもアイデアが浮かびやすい」と書かれていました。

まずは何を最初にやるべきか優先順位をつけて仕事に取り組むことが重要だと思います。

また、苦手な仕事も他の人にとっては苦手ではない場合もあるので、割り振って仕事をすることもできると思います。

 

例えば1回で資料を完璧に書くことはできないと思います。なので1回目はとりあえず全部書いてみて、自分で確認したり上司や同僚確認してもらい、編集していくような最初から100%できると思わないような手抜きが必要だと思いました。長い間集中力が持続できれば嬉しいのですが、人間そんなに集中できないので、集中が続かない場合は少し手を抜いて仕事をする事も大切だと思いました。

 

3章で共感することは「自分に投資をすること」です。勉強であったり趣味にお金をかけるのは良いことだと思います。学ぼうとする姿勢は大事です!

勉強の場合はテキストを購入して独学することも良いとは思いますが、1日のうちで仕事をしていると時間が思うように取れないと思います。なので学校に行って、講師が合格した勉強方法を聞いたり講師の授業を受けたりした方が飲み込みが早くなると思います。

私も社会人になりITの資格のために3ヶ月間、日曜日だけ学校に通いました。最初は独学していたのですが、ITが苦手な事もあり一回試験に落ちたので通いました。通ったことで強制的に勉強しますし、他の生徒もいるので独学するよりもやる気が漲りました。

 

共感という共感ではありませんが、「ツールにお金をかけること」も良い考えです。ここではパソコンや携帯のアプリの事を言っていました。無料でも使えるアプリはたくさんありますが、有料にした方が広告表示の時間短縮になったり、アプリを使える幅が広がるとありました。有料しかないアプリもあるので共感します。しかし、“有料にしなくてもいいかな”と思うアプリもあるので、購入するときは今後のことを考えてお金を払った方が得策かと思います。

 

私が共感する4章は「目標を決めること」です。

いつまでに実施すべきか最初に決めて逆算をすることがとても大切だと思います。そうすれば「今日は〇〇まで終わらせればいい」と考えられるので無駄なく仕事ができると思いました。

面倒くさいと思うことはチャッチャと終わらせて次に行くこと、無駄な時間を省くことで他に使える時間が増えるので最初に目標を決めておくこと最も重要な要素だと思います。

これは将来の目標にも使える内容だと思うので、仕事だけでなくプライベートでも最初に“いつまで”と設定すると自然と体が動くと思いました。

 

残念だった点はありませんが、著者の考えだけに基づいているので、全員に当てはなるわけではないと思いました。私も少し共感できない内容がありました。しかし自己啓発本が好きな私としては、他の有料の習慣本に似たようなことが記載されているので、他の習慣系の自己啓発本を読むんだ後に同じのを再度読み返すのではなく、この本が復習の役割を果たしてくれました。

 

無料で66ページと短く1時間もしないで読めるので「仕事が早い金持ち習慣 仕事が遅い貧乏習慣」をオススメします。

 

「仕事が速い」金持ち習慣 「仕事が遅い」貧乏習慣 by Ayaka & 米山彩香 on Apple Books